トップページへ
群馬県立西邑楽高等学校

交通のご案内

お問い合わせ



トップ
学校紹介
普通科
スポーツ科
芸術科
特集
中学生の皆様へ

日々の出来事

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

平成23年度

平成22年度

平成30年度県高校総体特集

5月11日〜13日と18日〜22日(陸上競技)に県内各地で行われた、西邑楽高校の競技の結果です。


■女子バレーボール
 5月12日(土) 会場:伊勢崎市民体育館
 4回戦   西邑楽 2−0 伊勢崎
 準々決勝  西邑楽 2−0 常 磐

 5月13日(日) 会場:桐生大学グリーンアリーナ
 準決勝   西邑楽 2−1 商大附
 決勝    西邑楽 2−1 高崎女

 ※関東大会出場 10年連続18回目

関東大会は、6月2日(土)〜3日(日)ALSOKぐんまアリーナで開催されます。

●順調にベスト4進出を果たし関東大会の出場権を得た西邑楽は、準決勝で商大附と対戦しました。 第1セット序盤で大量リードを許し追いかける展開になりましたが、そこから西邑楽は猛追をかけます。 あと一歩のところでセットを落としますが、第2セットからは徐々にペースを掴み、フルセットの末、勝利しました 。決勝は新人大会で敗れた高崎女との対戦でした。今回は西邑楽が先にリズムに乗り第1セットを先取。 しかし第2セットは高崎女のテンポの速いコンビバレーに屈し、勝負は第3セットへ。 一進一退の攻防の中、中盤から西邑楽が突き放しにかかります。 リードを保ったまま終盤の長いラリーを制し、一気に突き放し勝負を決めました。 選手達は4年ぶり3回目の優勝の喜びを存分に味わっていました。今後もさらなる飛躍を期待したいと思います。




■カヌー
【男子】
●男子総合 第3位
  〇男子カヤックシングル(K-1)
   第2位  崇原 匠
  〇男子カヤックペア(K-2)
   優 勝  森 正大 ・ 芹澤 優志
  〇男子カヤックフォア(K-4)
   第2位  崇原 匠 ・ 森 正大 ・ 芹澤 優志 ・ 黒岩 克樹

【女子】
●女子総合 第3位
  〇女子カヤックフォア(WK-4)
   第3位  大阪 心笑 ・ 齋藤 愁 ・ 川上 彩穂 ・ 栗田 実聖


■レスリング
 平成30年度 第53回群馬県高等学校総合体育大会レスリング競技会
 5月11日(金) 〜 5月13日(日)会場:館林市民体育館

 1年 横尾真衣 中量級 第2位
 3年 荻野夏美 重量級 第3位

●今大会は関東大会(=インターハイ予選)の予選ではありませんでしたが、インターハイ予選につながる試合内容が求められる大会でした。 1年の横尾真衣は、決勝戦で強敵相手に果敢に攻めましたが、実力の差を見せつけられ完敗しました。 また3年の荻野夏美は、年度初めの全国大会で3位に入賞していますが、準決勝の対戦相手も同等の戦績のある相手でした。 練習の成果を出せたものの、一歩及ばず敗北しました。今後は、インターハイ出場を目指して最後の調整をしていきます。応援よろしくお願いします。




■男子バスケットボール
5月11日(金) 会場:高崎東高等学校
 初戦敗退 西邑楽 27−96 前橋南

●前橋南との勝負は終始苦しい状況でした。オール・ハーフコートでのゾーンプレスやプレッシャーのあるダブルプレスなどにより、西邑楽の選手たちは相手コートまでボールを運ぶことができず、選手たちの顔を見ると暗い表情が目立ちました。 しかし、選手たちは自分たちに足りていない技術や体力などを振り返り、次の日からの練習に取り組んでおりました。強くなるため、立派な選手になるため、「一人ひとりが考えながらプレーをする」をモットーに日々の練習に取り組む姿勢がうかがえました。 今回、初戦敗退という結果ではありましたが、「ただ敗退」というわけではなく『課題を見出した敗退』であったのではないかと感じております。選手一人ひとりが立派なプレイヤーになれる素質を十分に持っていると思っております。 選手たちの成長に期待し、私自身、選手たちのためになるよう練習メニューや日々のケアなどを全力で取り組んで参りますので、何卒よろしくお願いいたします。


■女子バスケ
 5月11日(金)会場:高崎女子高校
●1回戦  伊勢崎商業 64−51 西邑楽


■卓球
 5月11日(金)会場:ALSOKぐんまアリーナ  女子シングルス ベスト32


■サッカー
 1回戦 西邑楽 1−1 安中総合
     (PK3−5)

●奇しくも昨年とPK戦までもつれた相手と同じ安中総合との顔合わせとなった。 前半、序盤から押し込む展開が続いたが自陣ペナルティエリア付近でのファールにより相手にFKを与え、そのFKから直接ゴールを決められた。その後は攻め込む時間が続いたが0−1のまま後半へ。 後半も怒濤の攻撃で再三相手ゴール前に攻め込むもシュートが決まらず、このまま終わりかと思われた終了間際にロングボールに抜け出した前原(2年)が同点ゴールを決め、勝負はPK戦へ。PK戦では西邑楽の2番目が外したのに対し相手は全員が成功して惜しくも敗れた。


■バドミントン
●学校対抗戦
〔男子〕
 5月11日(金)太田新田エアリスアリーナ
 【1回戦】 西邑楽 2−0 前 東
 【2回戦】 西邑楽 2−0 新 島

〔女子〕
 5月11日(金)桐生大学グリーンアリーナ
 【2回戦】 西邑楽 2−0 前 商
 【3回戦】 西邑楽 1−2 桐 南

●個人戦シングルス
〔男子〕
 5月12日(土)太田新田エアリスアリーナ
 ベスト64 神藤  俊

〔女子〕
 5月12日(土)桐生大学グリーンアリーナ
 5月13日(日)ALSOKぐんまアリーナ
 ベスト16 小俣 遥香
 ベスト64 高橋 実沙
       澁澤 莉里




■テニス
●団体戦
〔男子〕
 5月11日(金)前橋総合運動公園テニスコート
 【1回戦】 西邑楽 0−3 関学

●個人戦
〔男子〕
 4月22日(日)前橋総合運動公園テニスコート
         サンスポーツランド太田テニスコート
 4月28日(土)前橋総合運動公園テニスコート
         城沼テニスコート
 予選敗退

●個人戦では、久々の公式戦に多くの部員が緊張し、選手達の持っている力を、なかなか発揮できない場面が多く、悔いの残る結果となった。団体戦では3年生をサポートすべく、2年生が奮闘し格上の関東学園高校に善戦したが、後一歩のところで力が及ばなかった。




■ソフトテニス
●団体戦
〔男子〕
 5月11日(金)ALSOK群馬スポーツセンターテニスコート
 【2回戦】 西邑楽 0−3 桐生

〔女子〕
 5月11日(金)ALSOK群馬スポーツセンターテニスコート
 【2回戦】 西邑楽 1−2 藤岡中央

●個人戦
〔女子〕
 5月12日(土)ALSOK群馬スポーツセンターテニスコート
 【2回戦】 
 田村・葛西(西邑楽)3−4 齋藤・小澤(清明)
 田辺・根岸(西邑楽)3−4 桑原・小林(沼女)
 石川・倉上(西邑楽)0−4 大石・金井(清明)

●団体戦は、男女とも力を最大限に発揮しプレーしたものの、惜敗した。個人戦は、自分たちのプレーができないまま、負けてしまい、インターハイ予選へと課題が残る結果となった。





■入場行進
 11日 会場:正田醤油スタジアム群馬
 1年生が行進、ダンス部が公開演技に参加しました。




■陸上競技部
 平成30年度 第53回群馬県高等学校総合体育大会
 日程 5月17日(木)〜20日(日)会場:正田醤油スタジアム群馬
【主な結果】

 男子100m  黒岩 巧(3年)
   予選 11秒22(予選突破)
   準決 11秒20(準決突破)
   決勝 11秒28(第7位)

 男子200m  田代 大智(3年)
   予選 22秒16(予選突破)
   準決 22秒17(準決突破)
   決勝 22秒00(第4位・関東大会出場)

 男子110mh 中村 奏斗(2年)
   予選 15秒64(予選突破)
   準決 15秒72(準決突破)
   決勝 14秒95(第1位・関東大会出場)※自己新

 男子やり投げ  細谷 勇 (3年)
   トップ8進出 49m10(第8位)※自己新

 男子4×100mR
   予選 42秒92(予選突破)
   準決 42秒62(準決敗退)
 女子400m  森田 麻詩蕗(2年)
   予選 1分02秒34(予選突破)※自己新
   準決 1分02秒59(準決敗退)

●2名の選手が6月15日から地元群馬で開催される関東大会出場権を獲得することができました。I・H出場に向けてチーム一丸となってがんばっていこうと思います。 その他、惜しくも予選・準決突破ができなかったり、入賞を逃した種目もありましたが、自己記録を更新できた選手も多く今後の活躍が期待できます。応援ありがとうございました。引き続き応援よろしくお願いします。











| TOP | お問い合わせ | サイトポリシー |
Copyright (C) Nishioura High School. All Rights Reserved.